闇金とギャンブル問題が絡むとトラブルになりやすいです

ギャンブルの資金が足りないため、資金を増やす目的で闇金業者を利用する人は少なくないです。このギャンブルで闇金業者を利用するとトラブルに遭いやすいので注意が必要になります。

ギャンブル好きの人は、依存症傾向が強く、やめたくてもやめられません。結果、常にお金が必要な状況が発生している事になります。足りないお金をどこからか調達しようと考えます。最初は消費者金融です。何度も申し込み、滞納が増え、返済が困難となると、もう消費者金融はお金を貸してはくれません。最後は闇金業者です。

多重債務者一直線です。ギャンブルの問題と闇金業者が絡むとろくな結果になりません。多重債務者になると、督促、取り立てが延々続く事になります。違法業者の取り立ては24時間です。まともに生活する事が困難になります。精神的にも辛い日々が続きます。

ギャンブルの資金を違法業者から借りるのは避けましょう。一番危険な借り方です。もうすでに借りてしまった人は、弁護士または司法書士に相談してください。ギャンブルは自分のお金で楽しむものです。借金してまで行う事ではありません。自分からトラブルに遭わないよう気をつけるべきでしょう。

闇金に運悪く捕まると借金地獄になります

普通の消費者金融と勘違いし、高金利の闇金に捕まると最終的には借金地獄です。

闇金は10日で1割から3割の利息を取ります。酷い業者の場合、10日で5割です。債務者がこんな利息を支払っていては持ちません。違法業者からしか借り入れ出来ない債務者です。最終的にはまともに返済出来なくなります。闇金業者の融資は少額融資がメインですが、それでも利息が高すぎます。

利息の返済だけでは元本を減らす事が出来ません。元本が減らないと借金を完済出来ない事になります。結果、長期的に闇金に捕まる事になり、本来なら完済しているのに支払いを続ける状況へと追い込まれます。借り入れ先がおかしいと感じたら、すぐに完済するか借金相談を行いましょう。

違法業者に捕まるデメリットは、これだけではありません。違法業者間で顧客のデータが回っている可能生があります。完済した後、他の違法業者から借り入れのお誘いが来る事も多いです。口座振込みしていた場合、他の業者が勝手に口座へ振込し、債務者へ返済を迫る可能性も考えられます。一度、おかしな業者に捕まってしまうと、このようなリスクを背負う事になります。

触らぬ神に祟りなしとは意味がやや異なりますが、関わらない事が大切です。借りるなら銀行や信販会社、大手消費者金融にしましょう。無理なら借りずに生活すべきです。

闇金の探し方について

お金を貸してくれるところとして、例えば質屋や銀行や消費者金融を挙げることができます。さらに銀行は都市銀行と地方銀行と信用金庫とネット銀行に分類でき、消費者金融には大手と中小に分けることが可能です。このとき中小の消費者金融から融資を受けることを決めたときに、闇金かどうかを調べておくことがとても大事になります。
貸金業者は、業者の名前あるいは氏名と登録番号と電話番号と貸付利率と返済方式と返済回数と返済期間の表示が決まっています。この項目を利用した探し方をすることによって、許可を受けた業者かどうかを判断することが可能になります。さらに監督官庁である金融庁のサイトを訪問して、次のような検索をして本物の業者かどうかを調べることができます。このとき業者に電話番号と登録番号が表記されていたら、そのこ記されている数字を打ち込んで許可を受けた貸金業者かチェックします。電話番号と登録番号の二重方式で確認することによって、許可を受けた業者かどうかの確実性を向上させることができるのです。